通夜告別式だけではない多様化する葬儀

通夜告別式といった葬儀は、昔から現代まで受け継がれている文化であり風習でもあるのです。
日本には死後24時間は火葬をしてはいけない法律があるために、通夜を行う必要性があるのです。
また通夜は昔から死者の復活を願う人という言い伝えがあり、現代でもその風習が受け継がれている訳なのです。

しかし現代は、様々な価値観や個性が尊重され受け入れられる時代になっています。
そのため葬儀に対しても従来の価値観とは違う考え方が見られるようになっているのです。
従来とは違う葬儀方法に、生前葬という葬儀が最近見られるようになっています。
生前葬は、自分が喪主となり生きているうちに葬儀を行ってしまうのです。
生前葬は自分の葬儀を自分でプロデュースでき、それを見届けることができるので、自分の納得のいく葬儀を行うことができるのです。
生前葬は、従来の葬儀と違って非常に明るく、和やかな雰囲気で進行されるのです。
自分が必ずあっておきたい人を漏れなく招待することができ、招待客と酒を酌み交わし、食事して昔話に花を咲かすのです。

また生前葬では、自分が不義理を働いた人、無礼を働いた人と、もう一度会うチャンスを与えてくれます。
そこでは、謝罪やお礼を述べることができるのです。
謝罪や礼をきちんと述べておくと、長年背負っていた重荷が下ろされる感覚になり、その後はかえって長生きする場合があるのです。
生前葬は、従来の葬儀とその費用はあまり変わりません。ただ、葬儀費用を自分で捻出することになるので、遺族や家族に経済的負担をかけることもなく、自分の好きなように葬儀ができるところが魅力なのです。
また従来の葬儀とは違うものに、家族葬があります。
家族葬は多くの人に訃報を伝え、参列してもらうことをしません。親族、馬内だけで執り行われる小規模の葬儀なのです。
一般的な葬儀よりも費用はかなりリーズナブルで、アットホームな雰囲気で葬儀が進行していきます。
こちらも遺族に経済的に負担をかけたくないと思っている人にお勧めの葬儀なのです。